読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルーヴルの価格 |

楽天
全編カラーなのでイラスト集みたいで綺麗でしたね〜!!お値段はお高いですがジョジョファンの息子は満足みたいでした。装丁も素晴らしいのでいろあせないように大切にしたいと思います。全ページカラーで色使いも絵もすごくキレイでさすが荒木先生だなぁと。

こ、これですっ♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

ルーヴル岸辺露伴 ルーヴルへ行く [ 荒木飛呂彦 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

ストーリーもさることながら、その美しさはルーブルで特別展が開催されることもうなずける、そんな内容の一冊です。こちらとしてはジョジョ4部の岸部露伴の過去の話、というのを期待していたので、読んでいてあれ?とは思いました。マンガ単体でみれば面白いんだけど!「ジョジョ露伴」をみたかった自分としてはちょっとおちつかない気分です。装丁が立派で大判だし!マンガじゃないみたいです。まずは表紙が立体的で凄いのひと言です。内容は、ジョジョ本編とはかなりテイストが異なります。ジョジョの本編とはまた違ったホラーで話はとても楽しく読みました。迅速な対応をして頂き!ありがとうございました。もう買うしかないでしょう。内容は短編で不思議な物語で独特な感じがまたよかったです。タイトルに対する荒木先生のお答えはもちろん、「だが、断る!」でしょう。開いてびっくり笑今ではジョジョ露伴も大好きです。ウルトラマンとかガンダムとかライダーとかもそうだけれど、本筋と離れたところでキャラクタが一人歩きするというのは近年の傾向のようです。珠玉の逸品です。『JOJO@人間賛歌』の世界をご存知でなくとも、単品でその世界観に没入できる内容となっています。怖かった!(T^T)(地味色や言葉使い!言い回しも怖い・・・)岸部露伴というキャラクターが好きなので購入しました。露伴先生は高校のころからスタンド使いだった?? というのでヘンダナとおもったが!これは「岸辺露伴」というブランドをつかった「ジョジョ」とは別の話なのでした。写真集に近いイメージです。後半は!打って変わって引き込まれるサスペンスです。身の丈に合わせて待ってて良かった〜(^^人)いやぁ〜予想以上のホラーな展開だったのですね。(ちょっとだけ仗助たちが出ますが)前半は!あまり語られない露伴先生の若い頃の話。ただ矢に射抜かれる前からヘブンズドアーが使えるという設定がちょっとうーんといったところでした。値段は結構しますね〜〜息子がジョジョファンで、雑誌の付録を読んでこちらも読んでみたいと言うので購入しました。巻末でも少し触れられていますが、「岸辺露伴」×「ルーヴル」の組み合わせなんて、タイトルを見た瞬間、興味が沸きまくりです。これまた綺麗で凄いのひと言に尽きます。内容はジョジョがいまいち良く判らない私にも十分面白く読めました。ファンなら買いの1冊と感じました。価格は、通常コミックに比べると(ほかの愛蔵版に比べても)かなり高価ですが、それだけの価値はあるかと思います。なんとオールカラーだったのですね!気になっていただけの時に購入していたものだったので!全然知りませんでした。読みました。近所の本屋には!在庫がなくて取り寄せになるので2週間程かかると言われて早く手に入れる事は出来ないかと思い楽天のサイトで探してみたところ!ここのお店なら…と思い頼む事にしました。コミックとしては高価格かと思うが、豪華仕様の装丁、絵の美しさ、話のおもしろさを考えたら、かなり安いと思えるくらい。岸辺露伴の表紙を店頭で見て、価格を見たとき、これは楽天ポイントで買わなければ!と早速注文。ウルトラジャンプ掲載一回目だけ読んで我慢してました。巻末にはインタビュー等も載っており!非常に楽しめます。本屋に頼まず!このお店で買って本当に良かったです。お話しは、はっきり言ってイマイチよく分からないのですが、岸辺露伴の変なポーズをカラーで沢山見られて嬉しいです。とにかく、構図・色彩が美しい。中身も充分!素晴らしい内容でした。まぁここはグッチが求めたものに荒木先生が応えたストーリーとして作ったものだと思うので仕方ないですね。そして、「世界一黒い絵」を追ってルーヴルにたどり着くというワクワクするような展開。原作とは違う雰囲気の物語で!ハラハラしましたが良いお話でした。。家族に頼まれて購入しました。ちょっとだけスタンドとやらもわかりました。けっこう待ちましたが手に入ってよかったです。荒木先生好きな方でしたら買って後悔はしないでしょう。ルーブル美術館との組み合わせが、また魅力を増しているように思います。結構お値段がしますが満足です。リアリティの中にも想像性がある素敵な作品だと思いました。絵柄も少し変わって新たな一面が見られたし!やはり荒木先生の絵!色使いは美しいです。漫画の棚とは別のところがあいますよ。そして、この本の売りであるフルカラー123ページ。岸辺露伴は大好きなキャラクターなので、商品が手に届いた時に感動しました。